医院へ電話する
24時間web予約
メニュー
インプラント

インプラント

インプラントとは

インプラントとは

インプラントは、虫歯や歯周病で失った歯の代わりに顎の骨に人工歯根を埋め、その上に人工の歯をかぶせる治療です。

入れ歯やブリッジとともに、失った歯の代わりの治療法として選択肢の一つとなっています。1本だけ歯を失っている場合も数本歯を失っている場合も、すべて歯を失っている場合にも対応可能です。

インプラントのメリット、デメリット

インプラントのメリットとデメリットを見ていきましょう。

インプラントのメリット

  • 顎の骨に人工歯根を埋め込むので、自分の歯のように噛むことができます。
  • 失った部分に埋め込むため、ブリッジのように健康な歯を削ることや入れ歯のばねで歯を傷つけることがありません。
  • 入れ歯のように取り外して手入れする必要がありません。
  • 自分の歯のように自然で見た目も違和感がありません。

インプラントのデメリット

  • インプラントを埋め込むためには手術が必要です。全身状態によっては手術が行えないこともあります。
  • 治療期間が長くかかります。
  • 治療費が高くなります。
  • インプラントは天然の歯に比べて感染しやすく、インプラント周囲炎のリスクがあります。

インプラント治療の流れ

1.カウンセリング

カウンセリング

失われている歯の本数や歯を失った経緯、インプラント治療の具体的なご希望をお伺いして、お口の中の状態や生活習慣などから総合的に判断し、どのような治療法があるのかをご提案、ご説明します。

インプラント治療についての疑問や不安なことなどがありましたら何でもご相談ください。

2.検査

かみ合わせを見るために、歯型の模型をとります。レントゲン検査やCT検査を行い、顎の骨の硬さ、厚みなどの状態をみます。

3.治療計画

治療計画

カウンセリングと検査結果から患者様に合った治療方針をご提案し、具体的な治療の流れ、治療期間、治療費用のご説明をいたします。

4.虫歯や歯周病の治療

虫歯や歯周病がある場合には治療を行います。インプラントを長く使うためには虫歯や歯周病の治療は不可欠です。

5.インプラント埋込手術

インプラント埋込手術

インプラントを顎の骨に埋め込む手術を行います。1回法と2回法があり、一般的には2回法が用いられますが、お口の中の状態によって選択します。

1回法はインプラントの連結部分を歯茎から見える状態で埋め込みます。2回法は歯茎をかぶせて顎の骨の中に埋め込みます。

6.上部構造の装着

埋め込んだインプラントが顎の骨と結合するまで2~6か月間置き、1回法の場合はインプラントと顎の骨が結合すれば、人工歯を作製して装着します。

2回法の場合は上部の歯茎を切開して連結部分を装着し、人工歯を取り付ける準備を行います。切開した歯茎が治るまでに1~6週間かかります。歯茎が治れば人工歯を作製して連結部分に取り付けます。

7.メンテナンスと定期検診

インプラントを長持ちさせるためには毎日の歯磨きと定期検診で状態チェックを行い、必要な処置を継続していくことが大切です。メンテナンスと定期検診でインプラントの寿命をのばしましょう。

ページトップへ